• Mitsu

封鎖122日目


天気:曇り

気温:25〜29度

海況:波0.1〜0.3m

   南西風1〜3m

水温:ー度

透明度:ーm


今日も空は1日中雲に覆われていました。風が強く波がありますが、ダイビングが無いのであまり関係ありません。

封鎖が始まって122日目。 修正を加えた一般的なコミュニティ隔離措置(MGCQ)に変わって29日目です。


今日はモアルボアルのダイブショップが集まり、市長を交えてのミーティングがありました。


内容は先日発令されたEO20-Aに記載事項についての確認でしたが、セブ州が事前に料金を徴収理由等についても説明されました。

ダイビング代はセブ州内はファンダイブ1本P2100で、セブ州は手数料は取らず全額をダイブショップへ渡すそうです。現在モアルボアルにあるダイブショップの料金と比べると割高ですが、ダイブショップを再開するに当たって多くの設備投資が必要になり、更に消毒等については継続して行わなければいけない為それを考慮しての金額だそうです。

またセブ島へ来てダイビングをする人はセブ島到着前に予約と支払いを済ませなければなりません。もし来島後何かのアクティビティに参加したい場合も、ポータルで予約と支払いを済ませなければ参加できず、ダイブショップは予約の確認が取れないゲストを潜らせることはできません。

また予約後に申し込んだ本数を変更することはできず、申し込んだ本数を潜れなくても返金は無いとのことでした。

ただしこれはファンダイビングだけに限り、各種ダイビングコースについては今まで通り各ダイブショップごとの金額で開催可能との事です。

更にこのポータル経由での予約については、現時点ではMGCQが発令されている間の限定的な措置だそうです。


タイミングよくセブ州知事が提案したポータルが本日公開されましたが、ダイビングについてはまだ同意が得られていないので今日現在除外されています。

しかし8月1日から正式に運用されるみたいです。

ONLINE BOOKING PORTAL


まだフィリピン政府は観光客の入国については認めておりませんので、現在日本にいる人がこのポータルから予約をすることは無いと思いますが、早く新型コロナが収束し平常に戻ってくれればと思います。


0回の閲覧

セブ島南西部モアルボアルの日本人経営/常駐のダイビングショップです。